FC2ブログ
素人目線でプロ野球を好き勝手に楽しむことを目的に書いているブログです!!その他一般情報も少々。
9/7,8の土日、関西地区で

地上波の中日-阪神戦のテレビ中継がない! 

一応優勝争いしてるのに、なんでや??

在阪テレビ各局の皆さん、

テレビ中継してくれぇ-----!! 






モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!
スポンサーサイト



この時期に来て49歳のピッチャー相手に1点も取れないとは・・・・
優勝はやはり無理ですかね・・・・

ナゴヤドームの今季成績も5分になってしまいました

 関連記事:もはやナゴヤドームは鬼門ではない!

<9/5 スポーツ報知より>
【中日】49歳山本昌、今季初先発で初勝利!

 49歳25日で先発登板し最年長出場のプロ野球記録を更新した山本昌投手が、5回無失点の好投で今季初先発初勝利を挙げた。味方の失策も含めて毎回走者を背負う苦しい展開だったが、ベテランの投球で決定打を許さなかった。
 今季初登板の山本昌は、1950年に阪急で浜崎真二がマークした最年長出場と最年長登板、最年長先発のプロ野球記録(いずれも48歳10か月)を更新。自ら持つ最年長先発勝利記録も更新した。
 さらに1軍公式戦出場の実働年数が28年となり、自身が持つセ・リーグ記録も伸ばした。プロ野球記録は西武、巨人などセ、パ両リーグにまたがって活躍した工藤公康の29年。
 山本昌「(4回2点先制適時打の)藤井が打ってくれてもう一回力が湧いてきた。苦労したけどこういう場に立てて本当に幸せな野球人生だと思います。これで終わりじゃないのでまた頑張りたい。(49歳を過ぎて現役を続けてるのは)しつこいから」





モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!
数年前までは鬼門鬼門とさんざん言われていましたが、
ここ2年は勝ち越しです。
完全に苦手意識払拭しましたね!
さあ、9/5からは3連勝だ!!

ナゴヤドーム開設の1997年以降の全成績
  年度   勝 敗    監督
 1997   4-9    吉田
 1998   4-8    吉田    
 1999   1-8    野村
 2000   1-11   野村
 2001   5-8    野村
 2002   5①7    星野
 2003   4-8    星野
 2004   2-12   岡田
 2005   6-5    岡田
 2006   1-10   岡田
 2007   7-5    岡田
 2008   7①4    岡田
 2009   5-7    真弓
 2010   2-10   真弓
 2011   4②6    真弓
 2012   2①9    和田
 2013   6-5    和田
 2014   5-4    和田(9/4現在)
  通算  71⑤136 勝率.343 借金65
  
監督別成績
  吉田  8-17 .320
  野村  7-27 .206
  星野  9①15 .375
  岡田 23①36 .390
  真弓 11②23 .324
  和田 13①18 .419(2014.9/4終了時)




モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!

やった!
7月上旬のDeNA3連戦以来の3タテです!!

<8/21 日刊スポーツより>
阪神、同一カード3連勝!金田4勝目

 中日は初回、ルナの14号2ランで先制。阪神は2回に福留の5号2ランで同点。3回にゴメス、マートンの連続適時打で勝ち越し。
 中日は2点を追う4回2死一、二塁、エルナンデスが左飛に倒れ無得点。阪神は6回に相手の失策もあり1点を追加した。
 中日は7回、1番大島の適時打などで2点。1点差まで詰め寄るが勝ち越せなかった。阪神は7月4~6日以来の同一カード3連勝。プロ初先発となった阪神金田は、5回2失点の投球で4勝目を挙げた。







アフィリエイター募集中!
ブログでカンタン観戦チケット代稼ぎ!



頑固オヤジの人生塾

【メンズ着こなし110番】モテ男変身塾~これでダサ男も楽々モテ男に大変身~

上流業界プレミアム

1日30分で継続して毎月30万円以上儲かる完全マニュアル

ウメさんのロト7予想術

ダイエットビジネスで、痩せながら毎月10万円以上儲かるマニュアル。


1日遅れの更新です。
ラッキーな勝ち方でした!

<8/20 スポーツニッポンより>
阪神 “まさか”の勝ち越しで巨人と再度0・5差!岩田、1カ月ぶりの白星

阪神が適時打0ながら3点を奪って中日を下し3連勝を飾った。首位巨人がヤクルトに敗れたため、ゲーム差は再度0・5差となった。
 2回に新井良の中犠飛で先制。同点で迎えた7回には、相手守備陣のまさかの落球でラッキーな勝ち越し点を挙げて、そのまま逃げ切った。
 阪神・岩田、中日・浜田の両先発が好投し、投手戦となったこの試合。決着は思わぬ形でついた。1―1で迎えた7回、阪神はマートンの右前打と2四球で2死満塁とし、上本の当たりは左中間への平凡な飛球となった。しかし、これを捕球しようとした中日のレフト・藤井とセンター・大島がぶつかり、まさかの落球(記録は大島の失策)。阪神は2点を勝ち越した。
 このリードを8回は福原、9回は呉昇桓が守り切った。先発・岩田は7回を4安打1失点で、7月21日の巨人戦(甲子園)以来となる今季9勝目を挙げた。
 中日は1点を追う4回、平田の左越え9号ソロで一度は追いついたが、その後は打線が沈黙。6回1/3を5安打3失点(自責1)と好投した先発・浜田を援護できず、チームは連敗。







アフィリエイター募集中!
ブログでカンタン観戦チケット代稼ぎ!



頑固オヤジの人生塾

【メンズ着こなし110番】モテ男変身塾~これでダサ男も楽々モテ男に大変身~

上流業界プレミアム

1日30分で継続して毎月30万円以上儲かる完全マニュアル

ウメさんのロト7予想術

ダイエットビジネスで、痩せながら毎月10万円以上儲かるマニュアル。