FC2ブログ
素人目線でプロ野球を好き勝手に楽しむことを目的に書いているブログです!!その他一般情報も少々。
ヤクルトに3カード連続負け越しです・・・
相性悪いですね・・・

<8/31 スポーツニッポンより>
阪神、痛い連敗で2位コイ遠のく1・5差 ヤクは小川が7勝目 

 ヤクルトが着実に加点し、逃げ切り勝ち。阪神は連敗で3カード連続の負け越し。前日に阪神と入れ替わり2位に浮上した広島がこの日も勝ったため、両チームのゲーム差は1・5に広がった。
 ヤクルト打線は1回、安打と2四球で2死満塁とし、飯原の2点適時打で先制。4回には2死満塁から山田の押し出し四球で1点を追加、6回にも安打と2四球で2死満塁としてから代打・バレンティンが四球を選んで1点を加えた。
 先発の小川は140キロ台後半の直球を主体に、相手打線を翻ろう。8回6安打1失点で今季7勝目(5敗)を飾った。
 阪神は3点を追う9回、途中出場の鶴岡の適時内野安打で1点を返し、なおも2死満塁としたがそこまでだった。






モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!
スポンサーサイト



和田監督の言うとおり・・・
高価なエラーが負けにつながりましたね・・・

<8/31>日刊スポーツより
和田監督「あの守備が」ミス連発3位転落

 こりゃヤバいで…。阪神が最下位ヤクルトに完敗し、7月12日以来となる3位に転落した。初回、大和外野手(26)のけん制死、6回は伊藤隼太外野手(25)、マット・マートン外野手(32)の拙守で勢いをそがれてミスミス負けだ。長期ロードから聖地に戻っての10点大勝から一転、淡泊な敗戦にがっくり。ここから逆転優勝できるのか。夏休み最後の夜をスカッと飾ってくれ!
 イス取りゲームは大変だ。虎が安住の地から動いた。真夏に48日間もいた「2位」から、こともあろうか「3位」へどっこいしょ…。何度も目の前にあった「1位」ではなく、ありがたくない方を選んでしまった。好調広島にまくられて、ついに7月12日以来の3位転落。攻撃を問われた指揮官は、敗因を拙守へ求めた。
 和田監督 6回だよな、6回。6回表を抑えて、これからいこうという時のあの守備はな…。普通のライトフライだからね。あれを捕ってやらないと投手がかわいそう。経験を積んで、守る度にうまくなって欲しいんだけど。
 ベンチが苦虫をかみつぶしたのは、グラウンド整備の直後だった。先頭川端の右中間への飛球を伊藤隼は後方へ走って追い付いた。客席の安堵(あんど)が悲鳴へと変わる。グラブをかすめるようにして白球が落ち、二塁打となった。好守は勢いを生み、拙守は勢いをそぐ。中堅で犯した16日DeNA戦と同じようなミスが3点目へつながった。
 拙攻も響いた。先制した2回は、効率悪く4安打で1点だけ。4回も1死から連打も伊藤隼と梅野が凡退した。逆に5回以降はわずか1安打。淡泊な攻めで二塁も踏めなくなり、最後は3者連続三振…。
 大事なペナント終盤、まさか集中力を欠いたはずもないだろうが、痛いミスが目立ってしまった。1回は2死で一塁走者大和がけん制死。6回の守りでは、マートンが中途半端な返球で余計な進塁を許した。これでは虎党の期待感は不安感に変わってしまう。
 和田監督 風がいつもと違っていたけど、甲子園は秋口になるといろんな方向から風が吹くようになる。何とか我慢の8月、とにかく踏ん張って、しのいで、というところだな。苦しいけど、明日いきます!
 甲子園では前夜、28日ぶりに戦ったばかりだった。ピンチで降雨コールド勝ちした「恵みの雨」も、連勝へつなげられなかった。季節の移ろいは早い。気付けば吹いていた気まぐれな秋風を3年目伊藤隼はまだつかめていなかった。夏休み最後の週末に若虎は宿題を残した。残り27試合、最高のイスは最後に座ればいい。この経験を糧にできる機会は、きっと来る。





モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!
ここまでくれば内容はどうでもいいですよ!
とにかく「勝った」ことが一番。素直に喜びましょう!
能見7勝目です。

<8/29 スポーツニッポンより>
阪神楽勝ムード一転…9回無死満塁ピンチは雨で逃げ切り

 阪神は今季初出場の狩野が1本塁打を含む3安打4打点と大爆発。投げては能見が7回2失点と好投。終盤追い上げられたものの10―5で逃げ切った。
 腰痛の新井良に代わり1軍に昇格すると「7番・右翼」でスタメン。2回、先頭打者として立った第1打席は右前打で出塁し2点目のホームを踏み、3回には2死二塁から左翼席へ2年ぶりとなる本塁打を叩き込んだ。4回は2死二、三塁から見逃させばボールかという低めの球をとらえ左前へ2点適時打。1軍登録即スタメンの期待に応えた。狩野が引っ張った打線は4回までに9点を挙げ試合を決めた。
 ヤクルトは今季初先発の赤川が4回途中7失点と誤算。打線は阪神を上回る13安打を放って7、8回に2点ずつ反撃。9回にも1点返したが、無死満塁と攻め立てたところで雨が強まり、コールドゲームとなった。




モッピー!お金がたまるポイントサイト



アフィリエイター募集中!
幸先よく先制したんですが・・・・
神宮3連戦は投手陣がボロボロでしたね・・・

<8/7 サンケイスポーツより>阪神・マートン、“得意の神宮”で先制打「積極的にいこうと思っていた」

阪神のマートンが一回に先制打を放った。2死一、二塁で村中の初球の変化球を中前にはじき返し「積極的にいこうと思っていた。高めに浮いてきた球を逃さずに打ち返すことができた」と満足げに振り返った。
 試合前まで今季、神宮では打率6割、4本塁打、15打点とめっぽう強い。四回にも二塁打を放ち、あらためて相性の良さを見せつけた。







恋暦占術

大人の心理学 ~これでなんでも思いどおり~

上流業界プレミアム

日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!

「東京海上」解体新書

宇宙NOW+α
今日は岩田が6回に崩れましたね・・・
追い上げましたが失点がこたえました・・・

<8/6 デイリースポーツより>
思わぬ乱調…岩田が6回途中7失点降板

 阪神先発の岩田が、今季自身ワーストとなる7失点を喫して降板した。二回に畠山の中前適時打などで2点を失うと、三回には先頭のバレンティンに左中間中段席へ運ばれるソロを浴びた。
 中盤は立ち直りを見せたが、味方打線が同点とした後の六回は、山田に右越え適時二塁打、川端には左越え2点二塁打を打たれ、5回1/3を11安打7失点で降板。チーム内ではメッセンジャーの9勝に次ぐ8勝を挙げている左腕だけに、思わぬ乱調だった。







恋暦占術

大人の心理学 ~これでなんでも思いどおり~

伝授!潜在意識浄化法

彼の浮気を7日でやめさせる心理技法

恋愛塾――最高の恋人を手に入れる