素人目線でプロ野球を好き勝手に楽しむことを目的に書いているブログです!!その他一般情報も少々。
今日のヤクルト-阪神のMBSラジオの解説は、ミスタ-タイガ-ス掛布さんでした。

開幕からやや低調な打線について、「オープン戦で阪神は4番を変えすぎでしたね。打線の軸が
はっきり見えない状態で開幕すると、各打者は自分の役割を認識しにくい・・・」というような
ことを話しておられました。
また、「ファ-ストは基本ブラゼルでいくべき。城島くんはあくまでもブラゼルに何かあった時の
代役のような形が望ましい。そうしないと、ブラゼルのヤル気が損なわれる」といった見解も。

さすがは長く4番を務めた方の解説だと感じました。中軸を打つバッターの心理は自分の経験から
痛いほど分かっているんでしょうね。
昨年、新井が7番を打ったり、他球団でも巨人は一時期長野が4番でしたし、中日も和田が4番を
外れていたこともあり、近年は4番打者の価値が薄れがちな風潮がありますが、この点について
掛布さんはどんな考えを持っておられるのでしょうか?ふと気になりました。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

d_03.gif 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://detaou2012.blog.fc2.com/tb.php/13-fc8e9a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック